お肌に優しいこと始めました

〜Beauty is part of life〜

正しいクレンジングのやり方を紹介。

f:id:keiba-jyoshi:20190213000823j:plain

こんにちは!
今日はクレンジングのやり方について紹介します。

あなたはクレンジングの正しいやり方を知っていますか?

クレンジングについて、意外と正しいやり方を知らずに自己流で行なっている人が多いような気がしますが、クレンジングは肌にとって一番負担になる事なんです。

正しい方法でクレンジングを行うことが肌をいたわりながら落とす最大の秘訣と言われています。

ここで正しいクレンジングの方法を学び美肌を目指しましょう!

 

 

クレンジングで絶対にやってはいけないこと

  • ゴシゴシ肌を擦る
  • クレンジングの量をケチる
  • 時間をかけすぎる
  • 熱湯や冷水ですすぐ

 

ゴシゴシ肌を擦る

角層に傷が付き、肌荒れを招く原因になる。

 

クレンジングの量をケチる

クレンジングの量が少ないと、摩擦がおきやすくなり小ジワやシミの原因になる。

 

時間をかけすぎる

余分な潤いまで取り過ぎてしまい、乾燥の原因になる。

 

熱湯や冷水ですすぐ

熱湯は肌を乾燥させてしまい、冷水はクレンジングに含まれる油が固まり汚れが落ちない原因になる。

 

クレンジングの正しいやり方

  1. クレンジング料を手のひらに適量の半分取ります。この適量とは商品によって異なるので、必ず商品の使用方法に書いてある量を確認すること。
  2. まずは皮膚の強い額から鼻にかけて(Tゾーン)クレンジング料をのせます。指の腹を使い軽くメイクと馴染ませます。
  3. 最初に取ったクレンジング料の残り(適量の半分)を取り、頬などのUゾーンに伸ばしていき、メイクと馴染ませます。
  4. もっとも皮膚が弱い目元や口元など、細かいところにクレンジング料を伸ばします。ここは肌を特に優しく扱うようにクレンジングしていきます。
  5. ぬるま湯を使って手早く洗い流していきます。すすぎは人肌程度のぬるま湯でおこなうようにしましょう。洗い流しが終わったら通常の洗顔に進みます。

クレンジングは肌に負担がかかるので、クレンジングのすすぎまでの目安を1分ほどにして行うようにしましょう。

 

落ちにくいメイクは必ずポイントメイクリムーバーを使う

ウォータープルーフのコスメ、リップティントなどはメイクが落ちにくい代わりに、オフするのも大変。

こんな時に通常のクレンジング料を使うと、なかなかメイクがオフできないためゴシゴシと肌を擦ってしまい、小ジワやクマの原因に。

そのようなコスメを使ってメイクをした時はポイントメイクリムーバーを使うのがベストです。

 

まとめ

今日は正しいクレンジング方法について記事を書きました。
誰にでも簡単にできるやり方なので、ぜひマスターしてみてくださいね!