お肌に優しいこと始めました

〜Beauty is part of life〜

美肌になるために積極的に摂りたい3つの栄養素

f:id:keiba-jyoshi:20190216220047j:plain

美肌になるためには、タンパク質、ビタミンA、ビタミンCからなる、3つの栄養素を積極的に摂る事が最初のカギとなってきます。

肌荒れが治らなかったり、乾燥が酷いなど、肌に何かしらのトラブルを抱えている人の食生活を見てみると、意外とこの3つの栄養素がうまく摂れていなかったりするようです。

今日は美肌になるために必要不可欠である、タンパク質、ビタミンA、ビタミンCの栄養素がどのように肌に関係してくるのかを説明します٩( 'ω' )و

タンパク質

肌を作る根本的栄養素。
タンパク質があるからこそビタミンなどの栄養素が活きてきて、肌荒れなどが起きにくくなります。

摂取量は1日50gが目安で調理法は蒸したり、茹でたり、ソテーしたりとシンプルなものが太りにくくするためにもおすすめ。

また、毎日タンパク質を摂取することで代謝もあがります。
ダイエットにも良い栄養素なので、女性は積極的にタンパク質を摂るようにしましょう。

 

タンパク質を多く含む食材

牛肉(赤身)、豚肉(モモ、ヒレ)、鶏肉全般、白身魚、卵、大豆製品、乳製品

 

ビタミンA

抗酸化作用があり、肌を丈夫にする栄養素。
植物性食品の中ではβカロテンとして存在し、体内ではビタミンAとして働きます。
摂取量は1日700㎍RAEが目安とされているが、ビタミンAは摂り溜めができる栄養素なので、仕事が休みの日などに集中的に摂っても問題なし!

調理法では炒めたり、蒸したりする方が、βカロテンの吸収が良くなります。

 

ビタミンAを多く含む食材

レバー、あん肝、人参、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜、トマト、ブロッコリー 

 

ビタミンC

抗酸化作用があり、紫外線に対する抵抗力をつける栄養素。

摂取量は1日100mgが目安とされていて、必要以上に摂り過ぎても尿として排出されてしまうので、毎日摂ることを心がけましょう。

ビタミンCは熱に弱い性質があるので、加熱したものよりも生で摂取する方が効果的。
果物なら生で気軽に食べることができるので良いでしょう。

 

ビタミンCを多く含む食材

赤パプリカ、レモン、ケール、柿、キウイ、いちご、ブロッコリー、カリフラワー 

 

まとめ

今日は美肌になるために積極的に摂りたい3つの栄養素について記事を書きました。

普段何気なく摂っている栄養素にも、肌に関してちゃんと効果があることがわかりましたね。
これらの栄養素を積極的に食事から摂りいれて、足りない分はサプリで摂る方法がおすすめ!
美肌を目指すために、まずは食生活を見直してみませんか?